フレッツ光からWiMAX2に乗り換えるメリットデメリット

フレッツ光からWiMAX2に乗り換えるメリットとデメリット

 

WiMAX2+では通信データ量に関する制限が、他の携帯無線通信を使ったインターネット接続サービスよりもかなり緩いため、外出先でのインターネット利用だけではなく、自宅で有線の回線の代用として利用することも十分に可能になっています。

 

フレッツ光などの光通信の回線からWiMAX2+に切り換える場合のメリット、デメリットをまとめてみます。

 

 

フレッツ光と比較した際のWiMAX2のメリット

 

メリット考える際にWiMAX2+の特徴を考慮して、光回線を単独でWiMAX2+に切り換える場合と、データ通信用の携帯回線と光回線をまとめる形でWiMAX2+に切り換えるパターンで考えてみます。

 

 

光回線単独からの切り換え

 

WiMAX2+に乗り換えるメリットとして一つ目は、毎月の利用料金が安くなることです。

 

光回線を利用する場合、毎月プロバイダ料金まで含めると、5000〜6000円程度の利用料金が必要になりますが、WiMAX2+だと、ギガ放題プランを利用しても、月4000円前後から利用が出来ます。

 

二つ目は、WiMAX2+の契約一つだけで外出先でもインターネット接続が利用出来るようになることです。

 

三つ目としては、引っ越しの際の工事が不要になります。
引っ越しの多い方も、引っ越しの度にインターネットが使えなくなる期間が出てしまう、といった不便がなくなります。

 

 

データ通信用の携帯回線と光回線をまとめて乗り換える場合

 

なんと言っても一番大きいのは毎月の利用料金が大きく節約できることだと思います。

 

さすがに音声通話のための携帯電話は残す必要があると思いますが、
携帯回線でデータ通信を本格的に利用するためには、パケットプランをかなり大きめに取っておかないといけないために、どうしても毎月の利用料金が高くついていると思います。

 

また、音声通話をLineやSkypeで賄い、念のためガラケーを持つという手も料金を考えるとおすすめです。

 

インターネット接続の分の通信をWiMAX2+でまかなうようにすれば、携帯回線のほうは毎月のデータ量の上限が小さなプランに切り換えても大丈夫になります。

 

 

フレッツ光からWiMAX2に乗り換える際のデメリット

 

光回線をWiMAX2+に切り換える場合のデメリットは、やはりどうしても実効転送速度が光回線よりも落ちてしまうことが多いのが一つ。もう一つは、通信の安定性が落ちることです。

 

WiMAX2+でも通信状況が良い場所であれば本当に光通信並みの転送速度が出るのですが、やはり無線技術を利用するサービスですので、実効転送速度がどうなるかは利用する場所の電波の受信状況次第、という部分があります。

 

ただ、ほとんどの場合、WiMAX2+での通信では、一般的なネット利用がほとんどストレスなく行えるぐらいの転送速度は出ます。

 

巨大なファイルのダウンロードなどでは光回線との違いを感じるでしょうが、その他の場合には、あまり使用感の差を感じることはないと思います。

 

通信の安定性はやはり無線技術ゆえに、光回線とはある程度差があるのは事実です。ただ、こちらも実際に利用する上で問題になるケースはさほど多くはないと思います。

WiMAXを申し込む前にプロバイダのキャンペーンをチェック

WiMAXには複数のプロバイダがあり、どこから申し込むかで初期費用や、申し込んだ際のキャンペーン特典(主にキャッシュバック金額)に大きな差があります。

現在、WiMAXはプロバイダ間でのユーザー獲得のためのキャンペーン特典合戦が過熱しており、毎月プロバイダ同士がライバルの動向を見ながらキャンペーン特典を変更、調整しています。

各プロバイダのキャンペーンや料金をしっかり調べてから申し込むと、「あそこから申し込んでおけば・・」という失敗が減ると思います。

yajirusi プロバイダ別 WiMAXのキャンペーン・利用料金を一覧表にまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ