W01の評判 良い口コミと悪い口コミを集めました

W01の評判 良い口コミと悪い口コミ

 

w01gazou

 

WiMAX2+のキャリアアグリゲーション方式対応で最高220Mbpsでの通信を可能にするモバイルWi-Fiルーター、Speed Wi-Fi NEXT W01の口コミ情報を集めてみました。

 

本ページで載せている口コミはクラウドソーシング等のサービスでアンケートを行った結果に、こちらがコメント等を加えた形にしています。

 

W01のスペック

 

スペック

 

 

w01の良い口コミ、評判

 

電波状況が良ければ、WiMAX2+ならではの通信速度

 

電波状況の良い場所であれば、確実に従来のWiMAX方式よりも高速な通信速度が出せるようです。下りで数十Mbpsから、状況の良い方では50Mbpsを超えるような速度も記録しています。

 

最高220Mbpsの通信速度を実現するキャリアアグリゲーション方式への地上局の対応は今まさに進行中という形で、その恩恵にあずかれるエリアはまだこれからだと思いますが、素のWiMAX2+のポテンシャルはこれだけのものはある、ということだと思います。

 

 

受信感度

 

WiMAX2+方式とWiMAX方式の違いによる部分もあるかもしれませんが、
WiMAXからWiMAX2+に切り換えて受信状況・転送速度が改善されるケースが多いようです。

 

また、WiMAX2+対応の既存のモバイルルータと比較すると、受信状況が改善する場合が多いようです。

 

ただ、100%必ずすべての人が通信速度が上がっているわけでもありません。
やはりそれぞれの地点での電波状況に依存する部分はあります。

 

 

auのLTE網が利用出来ることで実質的なエリアが広い

 

やはりauのLTEのネットワークのエリアの広さはさすがで、実質的に利用可能なエリアは非常に広くなります。また、地下鉄などWiMAX2+の対応がまだの部分はauのLTE回線を利用することで、十分にカバーが可能になっています。

 

 

起動が速くなっている

 

従来機種に比べると、W01は電源offの状態からの起動がかなり高速化しています。

 

 

W01の悪い口コミと評判

 

WiMAX方式が使えないことで、地下鉄などではau LTE網を利用するしかない

 

これは良い口コミと微妙にかぶる部分でもありますが、WiMAX方式のみ敷設が完了しているような地下鉄などでは、auのLTE網を利用しないとインターネット接続が行えず、LTEオプションの追加料金が発生します。

 

この部分をどうとらえるかは使う人次第となります。

 

 

WiMAX2+エリアがまだWiMAXのエリアに追いついていない部分

 

WiMAX2+のエリアはほぼWiMAXのエリアと同等になっていますが、まだそのカバーが行い切れていない部分では、W01に機種を変更した場合には、WiMAX2+での通信では速度が出なかったり接続が不安定になったりするケースがあるようです。

 

 

受信感度

 

こちらもエリアとの兼ね合いもありますが、WiMAX2+やWiMAXでの受信状況がギリギリの部分で、URoad-Homeなど、据え置き型の高感度のアンテナを備えた機種から乗り換えると、受信感度が下がる関係で通信が安定しなくなることがあります。

 

 

W01の評判 まとめ

 

電波の受信状況が良ければWiMAX2+らしい速度が出る端末です。

 

ただ、やはりWiMAX2+は無線通信を利用するインターネット接続サービスですので、電波の状況によって通信状況がかなり変化してきます。

 

 

WiMAXを申し込む前にプロバイダのキャンペーンをチェック

WiMAXには複数のプロバイダがあり、どこから申し込むかで初期費用や、申し込んだ際のキャンペーン特典(主にキャッシュバック金額)に大きな差があります。

現在、WiMAXはプロバイダ間でのユーザー獲得のためのキャンペーン特典合戦が過熱しており、毎月プロバイダ同士がライバルの動向を見ながらキャンペーン特典を変更、調整しています。

各プロバイダのキャンペーンや料金をしっかり調べてから申し込むと、「あそこから申し込んでおけば・・」という失敗が減ると思います。

yajirusi プロバイダ別 WiMAXのキャンペーン・利用料金を一覧表にまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ