UQ WiMAXとプロバイダ どちらがお得にWiMAX2を申し込めるのか?

UQ WiMAX VS プロバイダ

 

WiMAX2を利用する場合、WiMAX2を提供しているUQ WiMAXから直接利用する方法と、BIGLOBEやniftyなどのプロバイダを経由して利用する方法の2種類があります。

 

お勧めは、各種プロバイダから契約する方法。
なぜ大元であるUQ WiMAXではなく、プロバイダから契約するほうがおすすめなのか、その理由をご説明します。

 

 

1.プロバイダのほうがキャンペーンが手厚い

 

UQ WiMAXでは、タブレットとセットでお得などといったキャンペーンは行っていますが、実際に現金還元されるキャッシュバックキャンペーンは現状行われていません。

 

一方、プロバイダからの申し込みの場合、高額キャッシュバックがあったり、キャッシュバックにプラスしてタブレットのプレゼントがあったりと非常に手厚くなっています。

 

たとえば、BIGLOBEであれば、5,000円キャッシュバックにプラスして、Kindle Fire HDXプレゼントといったキャンペーンを行っています。

 

また、プロバイダ自体は行っていないものの、価格.comから特定のプロバイダに申し込むと、価格.com限定特典として、高額キャッシュバックを受けられる場合もあります。

 

 

2.プロバイダのほうが月額料金がお得な場合がある

 

キャッシュバックキャンペーンでも金額的な違いが出てきますが、一方で、月額料金がお得になっているプロバイダもあります。

 

UQ WiMAXは月額3,696円となっていますが、Broad WiMAXというプロバイダでは、月額2,856円という料金プランも用意されています。

 

 

3.プロバイダではルータの端末代金無料もしくは1円

 

ほとんどのプロバイダでは、新規契約の場合、モバイルルータの価格は0円ないし1円で入手できるキャンペーンを行っています。また、ルータの機種変更の場合でも、Broad WiMAXなどでは割引サービスを行っています。

 

一方、UQ WiMAXからの申し込みの場合、ルータの料金は1円のものもありますが、800円から2,800円くらいのものもあります。とても高い、というわけではないものの、せっかくですから無料や1円で選べるほうがうれしいですよね。

 

 

UQ WiMAXとプロバイダで回線周りに差はでない

 

基本的にはWiMAXの回線を使っているため、つながりやすさの違いはプロバイダによって違わないといわれています。しかし、BIGLOBEやniftyといった、ナローバンド時代からプロバイダを提供している会社もWiMAX2のプロバイダをしているので、そういったプロバイダのほうが安心という部分もあるでしょう。

 

キャッシュバック等の金額面でのメリットが大きいことから、UQ WiMAXでの契約よりも、プロバイダを経由した契約。もちろん、プロバイダも複数ありますので、キャンペーン内容等を比較して、プロバイダを決めることをお勧めします。

 

WiMAXを申し込む前にプロバイダのキャンペーンをチェック

WiMAXには複数のプロバイダがあり、どこから申し込むかで初期費用や、申し込んだ際のキャンペーン特典(主にキャッシュバック金額)に大きな差があります。

現在、WiMAXはプロバイダ間でのユーザー獲得のためのキャンペーン特典合戦が過熱しており、毎月プロバイダ同士がライバルの動向を見ながらキャンペーン特典を変更、調整しています。

各プロバイダのキャンペーンや料金をしっかり調べてから申し込むと、「あそこから申し込んでおけば・・」という失敗が減ると思います。

yajirusi プロバイダ別 WiMAXのキャンペーン・利用料金を一覧表にまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ