NAD11の評判 良い口コミと悪い口コミを集めました

NAD11の良い口コミと悪い口コミを集めました

 

WiMAX系の端末を製造している現在唯一の日本のメーカーであるNEC系会社の手になる端末です。

 

製造品質に関する日本製への期待から、今でも根強い人気のある端末です。WiMAX2+での接続はキャリアアグリゲーションや4x4 MIMOなどの新技術には対応しておらず、最高110Mbpsまでの対応となります。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の口コミ情報を集めてみました。

 

 

NAD11の良い口コミ

 

WiMAX2+らしい通信速度

 

電波状況さえ良ければ、この端末でもしっかりとWiMAX2+らしい実効通信速度を記録しています。

 

他の機器や家電などとの干渉の少ない5GHz帯の無線LANを利用出来るため、
無線LANのバンドを5GHzに切り換えると、より通信速度が引き上げられるケースもあります。

 

WiMAXとWiMAX2+の切り替えが可能

 

ユーザの操作でWiMAXとWiMAX2+のどちらを利用するかを切り換えることが出来ます。
これにより、WiMAX2+で何らかの速度制限などに触れそうな場合には通信をWiMAX側に切り換えることで、制限の影響から逃げることが出来ます。

 

また、インターネットの使い方によっては、ギガ放題ではないプランでやりくりすることも可能になるかもしれません。

 

小型軽量

 

本体が小さく、特に厚さが薄いため、持ち運びに便利になっています。

 

 

NAD11の悪い口コミ

 

接続が不安定

 

口コミ情報には接続が不安定になる旨を訴えている情報が多く見られました。
ただ、問題なく利用出来ている方は全く問題なく、安定して利用出来ています。

 

接続が不安定なことを訴えている口コミのほとんどすべてはWiMAX側の通信が不安定なのか、無線LAN側の接続が不安定なのかの切り分けは行われていません。

 

このためどちらの通信に問題があるのか判断が出来ません。

 

Wi-Fi認証を受けていても実際には無線LAN接続を利用する機器の間には接続に関する相性の問題が今でも残っていますので、
WiMAXの通信の安定性の問題と言うよりは、無線LANの相性の問題があるのではないかと思います。

 

バッテリーの持ちが悪い

 

これは小型軽量の本体を実現していることとどうしても両立が難しい部分ですが、バッテリーの持ちが良くないことを記している口コミが多くなっています。

 

朝出かけるときにモバイルWi-Fiルータの電源を入れて、1日中電源を入れっぱなしにするような使い方をされている方には、かなり物足りないバッテリーの持ちとなっているようです。

 

メーカーの公称値に近いバッテリーの持ちにはなっているのですが。このため、こういった使い方をされる場合には、モバイルバッテリーが必須となるようです。

 

操作性が今ひとつ

 

タッチパネルではなく、二つのボタンを使って設定を行う仕組みになっているため、なれるまでは直感的な設定の操作が難しくなっています。

 

ただ、よく使う単純な設定については、物理的なボタンがあるほうが画面を見ずに操作出来るケースもあるため、ある程度は慣れでカバー出来る部分かもしれません。

 

 

NAD11の評判まとめ

 

小型軽量な代わりにバッテリーの持ちが犠牲になっていたり、若干万人向けではない部分のある端末かもしれません。

 

接続の相性問題もあるようですので、この端末もTry WiMAXなどを利用して、可能であれば事前に色々な点を確認しておく方が良さそうです。

WiMAXを申し込む前にプロバイダのキャンペーンをチェック

WiMAXには複数のプロバイダがあり、どこから申し込むかで初期費用や、申し込んだ際のキャンペーン特典(主にキャッシュバック金額)に大きな差があります。

現在、WiMAXはプロバイダ間でのユーザー獲得のためのキャンペーン特典合戦が過熱しており、毎月プロバイダ同士がライバルの動向を見ながらキャンペーン特典を変更、調整しています。

各プロバイダのキャンペーンや料金をしっかり調べてから申し込むと、「あそこから申し込んでおけば・・」という失敗が減ると思います。

yajirusi プロバイダ別 WiMAXのキャンペーン・利用料金を一覧表にまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ