インターネット回線をWiMAX2に一本化するメリットと注意点

インターネット回線をWiMAX2に一本化するメリットと注意点

 

WiMAX2+は無線通信技術を使うインターネット接続サービスの中では最もいろいろな制限が緩く、通信速度に関しても光回線に遜色ないレベルの速度を期待することができます。ですので、自宅の有線の回線を代用することも十分に視野に入れることが可能な回線です。

 

インターネット接続サービスをWiMAX2+に一本化する際のメリットと、注意すべき点をまとめてみます。

 

 

インターネットをWiMAX2でまとめるメリット

 

料金面

 

光通信と比較すると、プロバイダ料金まで含めた料金で計算してみると、WiMAX2+を利用する方が毎月の利用料金が安くなるケースが多くなります。

 

光回線の場合には一戸建て住宅での利用の場合、プロバイダ料金まで含めると毎月5000〜6000円程度の出費となりますが、WiMAX2+では4000円前後から利用することが出来ます。

 

さらにWiMAX2はプロバイダのキャッシュバック等の加入キャンペーンを上手に利用するとさらに料金を落とす事が可能です。WiMAX2のキャンペーン一覧

 

 

引越しや外出時

 

また、引っ越しの際に工事が不要になること、WiMAX2+の回線一つで自宅での利用もモバイルでの利用も一緒にまかなうことが出来ることも大きなメリットです。

 

自宅の回線だけではなく、スマートフォンのパケットプランのことも考えると、また別のメリットが生まれます。

 

スマートフォンでネット動画をたくさん見るなど、データ量の嵩む通信を行う場合に携帯回線ではなくWiMAX2+を経由するようにすれば、スマートフォン側のパケットプランを毎月のデータ量がより小さいものに変更することも可能になります。こちらでも毎月の利用料金の節約を図れます。

 

 

インターネットをWiMAX2でまとめる際の注意点

 

回線品質は有線(光回線)に劣る

 

有線の回線からWiMAX2+に回線を切り換える場合の注意点としては、一つは事前に電波の受信状況をきちんとチェックしておく必要があることです。

 

WiMAX2+は無線の技術を使ったインターネット接続サービスですので、電波の受信状況によって通信状態が変動します。

 

主にインターネット接続を使用したい場所での接続状況をTry WiMAXのレンタルサービスや、サービスエリアの情報、実効速度を表示してくれているマップなどを利用して、事前に確認しておきましょう。

 

また通信の安定性は光通信に一歩譲ります。長時間安定して接続し続けなければいけないような用途をお持ちの方は、注意が必要かもしれません。ただ、一般的なメール、ネット動画、Web閲覧などの用途で問題になるケースはまれだと思います。

 

 

契約プランについて

 

自宅の回線をすべてWiMAX2+でまかなうのであれば、多くの場合にはギガ放題プランを選択するのが無難だと思われます。WiMAX2の料金プラン ギガ放題とツープラスそれぞれのメリットデメリット

 

ライトな使われ方しかしない方は、UQ WiMAXなどのギガ放題プランとそうでないプランとを手数料なしで切り替え可能なサービスを利用して、どの程度のデータ量を毎月使っているのかを確認されるのも良いかもしれません。

WiMAXを申し込む前にプロバイダのキャンペーンをチェック

WiMAXには複数のプロバイダがあり、どこから申し込むかで初期費用や、申し込んだ際のキャンペーン特典(主にキャッシュバック金額)に大きな差があります。

現在、WiMAXはプロバイダ間でのユーザー獲得のためのキャンペーン特典合戦が過熱しており、毎月プロバイダ同士がライバルの動向を見ながらキャンペーン特典を変更、調整しています。

各プロバイダのキャンペーンや料金をしっかり調べてから申し込むと、「あそこから申し込んでおけば・・」という失敗が減ると思います。

yajirusi プロバイダ別 WiMAXのキャンペーン・利用料金を一覧表にまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ