1分でわかるWiMAX2の速度制限と対処法 料金プラン改定後

2017年 改定後のWiMAX 速度制限

 

WiMAX2の速度制限の内容が2017年2月2日より変更になりました。結論から言うと、今回の速度制限変更はほとんどの方に取ってメリットが出ます。ただ、一定数のユーザーにとってはデメリットになる可能性があります。

 

このページでは、2017年の速度制限について具体的にどう変わったのか、速度制限の影響を受けないためにできる対策などを簡単にまとめました。

 

現状WiMAX2では契約の際に2つのプランを選ぶことができ、それぞれ速度制限の基準が違います。WiMAX2の2つの料金プランについてはこちらにまとめています。

 

 

2017年2月2日以降 WiMAX2+のプラン別・速度制限の条件

 

今までと2017年2月2日以降の速度制限の違い

 

WiMAX 速度制限 2017年

 

上の画像の通りで、今までに比べて速度制限の基準が大幅に緩くなっており、制限を受ける時間帯も短くなっています。ただ、速度制限に引っかかった場合のスピードが、Youtubeが見れる速度から1Mbpsに落ちています。2017年の速度制限内容変更で得をする人、損をする人

 

プラン別の速度制限の内容

 

プラン

月額利用料

1ヶ月の制限

3日の制限

制限時の速度

制限される時間

ギガ放題 4,380円 なし 10GB 最大1Mbps PM18時〜AM2時
フラットツープラス 3,696円 7GB ※なし 最大1Mbps PM18時〜AM2時


※月額料金は申し込むプロバイダによって変わります。プロバイダ別・月額料金一覧表
※フラットツープラスは3日間10GBの制限はありません。7GB使った段階で使った月の月末まで速度制限の対象になるためです。

 

WiMAX2のプランで転送速度に制限のかかる条件は大きく分けて二つです。

 

1、直近3日のデータ転送量(速度制限の解除は翌日AM2時)
2、月間7GB以上のデータ転送量(速度制限の解除は翌月1日)

 

前者は、最近の3日間での転送データ量が3GB10GBを超えた場合に課せられます。

 

もう一つの月間転送データ量の上限が7GBを超えた場合に関しては、128kbpsまで転送速度が絞られます。ここまで速度が落ちると、事実上文字ベースでのデータのやりとり以外はかなり厳しい状態となります。

 

速度制限に関する注意点

  • フラットツープラス、ギガ放題共にau 4G LTEエリア+WiMAX2エリアの合計が7GBになると月間の速度制限を受ける
  •  

    特に注意したいのが、月間の制限がないギガ放題であってもau 4G LTEを使うと、au 4G LTEとWiMAX2の合計が7GBになった段階で速度制限の対象となるので要注意。

     

  • フラットツープラス、ギガ放題共に、au 4G LTEで7GBの速度制限を受けるとWiMAX2も同時に制限がかかる
  •  

  • ギガ放題の3日10GB規制はau 4G LTE+WiMAX2の合計
  • 例えばau 4G LTEを5GB利用、WiMAX2エリアを6GB利用した場合、合計11GBとなり速度制限の対象。

 

ただし、いずれの場合も、WiMAX回線(エリア)では制限が一切かかりません。
WiMAX回線は下り40Mbpsとなります。(一部地域では13.3Mbps)

 

 

2017年の速度制限内容変更で得をする人、損をする人

 

損をする人はいわゆるヘビーユーザーです。

 

速度制限の基準が緩くなった分、制限がかかった際の速度が今までより遅くなったため、速度制限下でもデータ通信量を食う作業をしていた人に取ってはマイナスです。WiMAXを自宅の固定回線代わりにしていた人などが代表的でしょうか。

 

データ通信量を食う作業とは具体的には以下のような作業です。

  • HD画質の動画再生、アップロード、ダウンロード
  • オンラインストレージ等に重いファイルを送受信する
  • オンラインゲーム(特にソフトのダウンロード)

逆に上のような作業はせず、Youtubeの動画再生やネットサーフィン程度の使い方でしたら速度制限がかかった状態(最大1Mbps)でもさほどストレスがありませんし、速度制限の基準が3日で10GBに増えた分、速度制限に引っかかる人数は大幅に減ると思います。

 

 

WiMAX2で速度制限を受けないための方法

 

1、ギガ放題プランを利用する

 

ギガ放題プランで契約すると、WiMAX、WiMAX2回線共に月間での速度制限がかかりません。現状、モバイルルーター、スマートフォンなど全てのキャリア通して、月間利用量の制限がないのはこのプランだけです。

 

月間7GB以上使う可能性がある方は、月額は上がりますがギガ放題を選ぶべきです。理由としては、フラットツープラスの月間7GB制限を受けると、スピードが最大128Kbps(0.128Mbps)まで落ちますので使い物にならない上に、制限される期間が使った月の月末までと長いです。

 

ギガ放題でもWiMAX2とau 4G LTEの合計で、3日間で10GB以上使った場合、速度制限がかかりますが、3日間の制限がかかっても1Mbpsは出ますし、制限される期間が翌日の18時〜26時の8時間だけです。

 

2、データ通信量を使う作業をする時間帯を考える

 

2017年から速度制限がかかる時間帯は、使った翌日の午後18時〜翌日午前2時までです。これを逆手に取り、データ通信量を食う作業や、スピードが必要な作業を速度制限がかかっていない時間帯に行う事です。

 

例えば、オンラインゲームのダウンロード等で一度に10Gbps使っても、速度制限がかかるのは翌日の18時からで、その日は何Gbps使おうと制限はかかりません。

 

この使い方をすると、使った翌日の18時〜26時の間は速度制限がかかる事になりますが、それでも最大1Mbpsのスピードが出ますので、多少ストレスはかかりますがYoutubeの動画程度なら見られますし、メールの送受信やネットサーフィン程度なら問題なくできます。

 

また、速度制限がかかる日も18時〜26時以外の時間帯は通常通りの速度が出ますので、速度が必要な作業を18時前には終わらせておけば十分に対応できます。

 

3、WiMAXエリアが使えるルーターを選ぶ

 

2017年現在はWiMAXの帯域が1/3となり、最大速度が13.3Mbpsになっている地域が多いため、速度が必要な作業をする方にはこの戦略はあまり意味をなさなくなりました。

 

ただ、普通に利用する分には問題ないスピードが出ます。また、WiMAXエリアは、au 4G LTEの月間制限、WiMAX2エリアでの3日間3GBの制限のどちらを受けている間も速度制限がありません。

 

ですので、速度制限がどうしても嫌だという方はWiMAXを利用できるルーターを選ぶといいでしょう。

 

WiMAX2エリアとWiMAXエリアを両方利用できるルーターで2017年現在も販売されているのは、URoad-home2、WX02です。

 

4、Wi-Fi(無線LAN)を積極的に利用する

 

自宅に有線の回線をお持ちの方は自宅でもWi-Fiの環境を構築して、自宅でのインターネットアクセスは基本的にはすべて有線の回線を経由するようにして、WiMAX2の通信データ量を使わないようにします。

 

また、外出先でも利用可能な公衆無線LANがあれば、そちらを積極的に利用するようにしましょう。

 

特にネット動画の視聴や、パソコンのOS、スマートフォンのアプリのアップデートなど、データ量を食う作業は出来るだけWi-Fi経由にすることで、かなりの通信データ量の節約になります。

 

WiMAXを申し込む前にプロバイダのキャンペーンをチェック

WiMAXには複数のプロバイダがあり、どこから申し込むかで初期費用や、申し込んだ際のキャンペーン特典(主にキャッシュバック金額)に大きな差があります。

現在、WiMAXはプロバイダ間でのユーザー獲得のためのキャンペーン特典合戦が過熱しており、毎月プロバイダ同士がライバルの動向を見ながらキャンペーン特典を変更、調整しています。

各プロバイダのキャンペーンや料金をしっかり調べてから申し込むと、「あそこから申し込んでおけば・・」という失敗が減ると思います。

yajirusi プロバイダ別 WiMAXのキャンペーン・利用料金を一覧表にまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ