WiMAXのキャンペーンの選び方

WiMAXのキャンペーンの選び方と注意点

初回公開日:2013年5月29日 最終更新日:2014年4月17日

 

目次

WiMAXのキャンペーンはプロバイダが行っているものです。

 

現在、WiMAXのプロバイダ(MVNO)は25社を超えており、それぞれが独自のキャンペーンを行っていますが、どのプロバイダ(キャンペーン)を選ぶかで料金だけでなく使い勝手にも差が出ます。

 

数あるWiMAXのキャンペーンの中から自分の使い方に最も合ったキャンペーンを探すために、以下の3つの事は必ず確認しておきたいところです。

 

1、キャンペーン特典の確認
2、料金で選ぶならトータルコストで考える
3、プロバイダとしての信頼感は大切

 

現在は、WiMAX2のサービスがスタートした事もあり、
WiMAXだけの時とはプロバイダを選ぶ基準が多少変わっているのでその辺りもまとめています。

 

 

キャンペーン特典の種類と注意点

 

WiMAXのキャンペーンの特典は大きく分けて4つのタイプに分かれます。

 

1、キャッシュバック型 BIGLOBE nifty
2、タブレットプレゼント型  nifty BIGLOBE TikiTiki
3、同時購入割引型  ビックカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店
4、月額割引型  Broad WiMAX

 

家電量販店よりキャッシュバックのあるプロバイダを選びたい

 

ヤマダ電機やビックカメラなどの量販店は、5,000円割引を行っています。
ただし、これはキャッシュバックではなく、WiMAXと一緒にタブレットやパソコンなどを同時に購入する事を前提に5,000円の割引をするという事です。

 

 

また、家電量販店が行っている同時購入割引をするタイプは、割引額が5,000円ですが、BIGLOBEやニフティなど無条件に5,000円以上のキャッシュバックをするプロバイダもあります。

 

 

ですので、料金を重視してWiMAXの申し込み先を選びたい方は、
BIGLOBEやニフティなどキャッシュバック特典で勝負しているプロバイダを選んだ方がメリットが大きいです。

 

 

月額割引型はトータルで見ると高くつく

 

月額割引型の代表はBroad WiMAXですが、
月額が大きく下がる代わりに初期費用が19,800円かかる(最低利用期間も2年に伸びる)ため、トータルコストで見ると高くつきます。

 

申し込み先

初期費用(端末+契約手数料)

月額

キャッシュバック

2年間のトータル料金

Broad WiMAX

21,857円

2,856円

なし

90,401円

nifty WiMAX

3,001円

3,670円

11,900円

75,511円

BIGLOBE

3,000円

3,620円

5,000円+Kindle

81,260円

ヤマダ電機

3,000円

3,696円

なし

91,704円

 

※ 表はWiMAX2のプランを契約した際の料金です。
※ 料金は全て税抜き表示です。(現在各プロバイダとも税抜き表示になっているため)
※ BIGLOBEはキャッシュバックとKindleのタブレット(kindle fire HD or Kindle paper white)の両方がもらえます。

 

 

その他 チェックしておきたい事項

 

最低利用期間 (契約期間の縛り)

 

以前は重要なポイントでしたが、WiMAX2が登場してからはあまり意識する必要がなくなりました。WiMAX2は、どのプロバイダから申し込んでも2年契約だからです。

 

 

WiMAX2でなく、従来のWiMAXを契約する方は、最低利用期間が12ヶ月のプロバイダを選びましょう。

 

WiMAXは本来、最低利用期間が12ヶ月です。
ただし、特定のプロバイダキャンペーンを利用した場合、利用期間の縛りが24ヶ月に伸びます。

 

解約手数料に関しても本来9,975円ですが、2年縛りのプロバイダの場合、15,000円を超えるプロバイダ(So-net WiMAX、GMOとくとくBB)もありますので確認しておきましょう。

 

現在、WiMAX2と比較した際に、WiMAXのメリットは12ヶ月契約だけですので、
24ヶ月契約のプロバイダを選ぶなら、WiMAX2を契約した方がいいと思います。

 

 

トータルコストでキャンペーンを判断する

 

キャンペーン特典だけで選ぶのではなく、利用期間内にかかる料金の合計金額を考えてキャンペーンを選びましょう。WiMAXの利用料金は3つに分けられます。

 

 

・初期費用(契約事務手数料とルーター代金)
ほとんどのプロバイダがルーター代金は無料となり、契約事務手数料3,150円の有無はプロバイダによります。

 

 

・月額料金
WiMAXの月額は3,880円がベースで、どのプロバイダを選んでも3,800円前後で差が出ません。月額割引型のBroadWiMAXは2,999円ですが、初期費用が19,800円+3,150円かかります。

 

 

・キャンペーン特典
初期費用と月額からキャッシュバックなどの金額をマイナスした料金がトータルのコストとなります。

 

 

3つの注意点を踏まえてベストなキャンペーンは?

 

やじるし 1、キャッシュバックで選ぶならniftyかBIGLOBE
やじるし 2、本家WiMAXのブランド重視ならUQ WiMAX
やじるし 3、タブレットプレゼントなら@niftyBIGLOBE

 

3のタブレットプレゼントは
nifty WiMAX(WiMAX2)は、Nexus7(2012年モデル)、BIGLOBE WiMAX2では、kindle fire HDかKindle paper white+5,000円のキャッシュバックとなります。

 

※2014年4月現在の内容です。

 

 

キャッシュバック金額に関してはSo-net WiMAXの方が高いですが、プロバイダの最低利用期間が24ヶ月に伸びてしまいます。最低利用期間が伸びると、解約手数料が発生する可能性が高くなり、トータルコストが上がってしまいます。ですので、個人的には利用期間12ヶ月で契約できるプロバイダを選ぶ事をお勧めします。ただし、1度契約したら24ヶ月間使い切るという方にとっては、So-net WiMAXは最もトータルコストが安くなりますのでベストなプロバイダだと思います。

WiMAXを申し込む前にプロバイダのキャンペーンをチェック

WiMAXには複数のプロバイダがあり、どこから申し込むかで初期費用や、申し込んだ際のキャンペーン特典(主にキャッシュバック金額)に大きな差があります。

現在、WiMAXはプロバイダ間でのユーザー獲得のためのキャンペーン特典合戦が過熱しており、毎月プロバイダ同士がライバルの動向を見ながらキャンペーン特典を変更、調整しています。

各プロバイダのキャンペーンや料金をしっかり調べてから申し込むと、「あそこから申し込んでおけば・・」という失敗が減ると思います。

yajirusi プロバイダ別 WiMAXのキャンペーン・利用料金を一覧表にまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ